🍂 OLIO NUOVOがまもなく到着!

olionuovo2018

トスカーナから初摘みオリーブオイルのサンプルが到着しました。
商品もまもなく日本到着予定です。
届き次第、ご予約下さった皆さまにお送りします。
どうぞお楽しみにお待ちください。

なお、予約特価販売は11月30日締め切り予定です。

1本単品:予約特価 10%OFF
3本お得セット:予約特価 15%OFF
6本お得セット:予約特価 20%OFF

残りわずかですが、ご興味のある方はどうぞよろしくお願い致します。

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/novello-500.html

📌 お知らせ:クリスマススペシャルレッスン

📌 お知らせ:現在、クリスマススペシャルレッスンは特に申込が集中しており、既に満席の日程があります。大変申し訳ありませんが別日程をご検討下さいますようお願い申し上げます。

🎄 12月クリスマススペシャルレッスンの募集をスタートしました!

mas2018-12-pic

🚦 12月クリスマススペシャルレッスンの募集をスタートしました!

12月マンママスター ★ クリスマススペシャル
🎄 イタリアのおもてなし「クリスマスディナー」
🇮🇹 Cenone di Natale italiano

★ クラシックなボロネーゼ風ラザーニェ
★ 茄子ときのこのシチリア風ラザーニェ
★ 豚肉ロースト「アリスタ・アル・サーレ」
★ イタリアのクリスマス菓子「パンドーロ」
★ イタリア産スパークリングワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:ラザーニェ生地とラグー、ホワイトソース

https://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2018-12.html

初摘みオリーブオイルでまんぷくな人々

フィレンツェにいる夫から、日本よりひと足先に2018年初摘みオリーブオイルが届いたと報告がありました。

娘共々、世話になっているフィレンツェの両親に送りたいと届けてもらった今秋、摘みたて搾りたてのフレッシュなオリーブオイル。

フィレンツェの義父母が、早速味わうためにパンとビステッカを買いに走ったそうで秋の風物詩をたっぷり楽しむことができたと月曜日の昼下がりからすでにまんぷくな様子でした。

bistecca

日本で暮らし始めて早15年という夫がこんな風に両親の三人でゆっくりと昼食を楽しむ時間が持てるとは。変な家族生活の我が家ですが、親孝行ができてよかったと遠い日本からしみじみ嬉しく思いました。

そんな家族を繋いでくれた初摘みオリーブオイル。同じものを日本で味わえる日も近づいてきました。とても美味しかったそうなので今から楽しみです。すでにご予約くださった皆さま、ありがとうございます。到着しましたらフィレンツェの家族に負けないくらい日本でも楽しみましょう!

好評予約販売中ですが予定通り入荷できそうですので秋のフェスタをお楽しみに!

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/novello-500.html

 

🎄 12月クリスマススペシャルレッスン:イタリアのおもてなし「クリスマスディナー」!

12月パスタ教室クリスマススペシャルレッスンのメニューと日程をアップしました!

mas2018-12-pic

12月マンママスター ★ クリスマススペシャル
🎄 イタリアのおもてなし「クリスマスディナー」
🇮🇹 Cenone di Natale italiano

クリスマスシーズンから年末年始のおもてなしにぴったりのスペシャルレッスンを開催します。1年に1度のクリスマスの準備が楽しくなりますように!との思いを込めて毎年恒例のラザーニェを作ります。ボロネーゼ風のミートソースで作るクラシックなラザニアと食欲をそそる茄子ときのこのトマトソースで作るラザニアを食べ比べ頂きます。パーティーメニューにおすすめで日持ちもする豚肉ローストとイタリア伝統のクリスマス菓子「パンドーロ」をご家庭で作る方法もご紹介しますのでお楽しみに!

★ クラシックなボロネーゼ風ラザーニェ
★ 茄子ときのこのシチリア風ラザーニェ
★ 豚肉ロースト「アリスタ・アル・サーレ」
★ イタリアのクリスマス菓子「パンドーロ」
★ イタリア産スパークリングワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:ラザーニェ生地とラグー、ホワイトソース

https://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2018-12.html

募集は2018年11月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

フィレンツェの味はパプリカ?!

15391713791233889631290177604626.jpg

娘がイタリアへ帰ってしまい、早くも2週間が過ぎました。

「私は自分のために勉強する。」日本にいた夏休み中、もうイタリアへ行かないで!と懇願した私に放った娘の言葉。

この時のことが今でも心に刺さり、何度も思い出します。かつて自分自身も学びたいことを最優先にし、いつも何も言わずに送り出してくれた父母がいたことも。

2年目になる娘の留学生活、追いかけるのではなく、子供の意思を尊重し、どっしり見守ろう。そう思ったのに旅立った数日は本当に寂しくて、直後のパスタ教室では皆さんに励ましていただいたりしたのですが、おかげさまでこの距離ある暮らしも落ち着いてきたところです。

イタリア側の家族も落ちついた様子。なぜかイタリアで暮らす方がほっそりする娘がフィレンツェのおばあちゃんの料理で一番食べたいと思ったというパプリカ料理。

ラッキーなことに今日のお昼はパプリカソースだったそう。しっかり焦がして皮をむいて消化しやすいように下処理をされたパプリカ。玉ねぎ人参セロリの香味野菜をオリーブオイルで炒める、パプリカとトマトを加えて柔らかくとろとろになるまで1時間煮込んで作るパプリカソース。

私も食べにイタリアに行きたい!そんな気持ちを抑えて日本の秋を楽しみます。

それはさておき、娘はフィレンツェの小学校で最終学年である5年生になりました。去年の今頃は言葉の壁もあり、不安いっぱいでしたが今年は頼もしいほど「普通」にイタリアの小学生をしています。

「今年はイタリアの学校でギリシャ史とローマ史を学びたい!」と言い、やりたいことを明確にして学校へ行ける強さが備わったことが私の中では大きな変化。日本にいた頃、勉強をそれなりにこなすけれど楽しそうではない子供だったので、この成長はイタリアとイタリアの義母に感謝の気持ちです。

すでに始まったそうな学校でのギリシャ史の授業。どれくらい面白い?と聞くと「なんでそんなこと聞くの。面白いに決まってる!」とのこと。この勢いで今年も頑張って欲しいなと思います。

学校から帰るとちょっと休憩して義母が先生になり、予習復習とにかく勉強をするそうです。義母は娘の先生であり、シェフであり、母の役目も果たしてくれるとは。本当にありがたくて頭が上がりません。

ちなみに姉がいなくなって落ち込んでいた次女は、「トゥル〜トゥロロロロロ。」と寝る前まで発声練習。イタリア語の第一歩「R」の発音を自主練しております笑。

私は今週いっぱいはガルガネッリのレッスンです。お付き合いくださった皆さま、ありがとうございます。これからお越しになる皆さまも楽しんで頂けるよう準備に励みます!

📣 11月レッスンの募集をスタートしました!

class-2018-11

🚦 11月レッスンの募集をスタートしました!

11月パスタラボ:燻製生ハムとチーズの包み焼き「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
🇮🇹 Reginette toscane al cartoccio con speck e ricotta
https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-11.html

11月パスタコース:パルマ風トルテッリーニとバルサミコのモッツァレラクリームソース
🇮🇹 Tortellini parmigiani alla crema di mozzarella e balsamico
https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-11.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。
https://www.kotokotopasta.com/class/

🍳 11月パスタ教室:包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」とパルマ風バルサミコのトルテッリーニ!

11月パスタ教室のメニューと日程をアップしました!

lab2018-11

11月パスタラボ:燻製生ハムとチーズの包み焼き「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
🇮🇹 Reginette toscane al cartoccio con speck e ricotta

生パスタの茹でたての美味しさを包み焼きにした「カルトッチョ」のレッスンを開催します。手打ちパスタの女王と称される「レジネッテ」を燻製生ハムやチーズのソースとからめて包み焼きにすることでパスタがソースを吸い、熱々で旨味たっぷり美味しいパスタに変身します。保存食として美味しく便利な玉葱ペースト、ヴェネツィア風カプチーノのティラミスも合わせてご紹介します。これからの季節に活躍できる作りやすく、豪勢な印象を与えるおもてなしメニューですのでお楽しみに!

★ オーブン包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
★ 燻製生ハムとリコッタチーズのソース
★ 保存食「玉葱ペースト」の瓶詰め
★ ヴェネツィア風カプチーノのティラミス
★ イタリア産赤ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:オーブン包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-11.html

les2018-11

11月パスタコース:パルマ風トルテッリーニとバルサミコのモッツァレラクリームソース
🇮🇹 Tortellini parmigiani alla crema di mozzarella e balsamico

これが作れたら一人前!と言われるほどイタリアのクリスマスの定番である「トルテッリーニ」のレッスンを開催します。パルマ産の生ハムや肉を包んだ小さなラビオリには、ご自宅でも再現しやすいモッツアレラチーズのクリームソースを合わせてワンランク上の生パスタ作りをご紹介します。家庭で簡単に作れて色々な料理を美味しくできる自家製のバルサミコ塩や栗を包んだ濃厚な美味しさのロンバルディア州のケーキ「ズブリゾローナ」もお楽しみに!

★ パルマ産生ハムの「トルテッリーニ」
★ バルサミコのモッツァレラクリームソース
★ 自家製「バルサミコ塩」
★ 栗のケーキ「トルタ・ズブリゾローナ」
★ イタリア産赤ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:バルサミコ塩、トルテッリーニ、ソース

https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-11.html

募集は2018年10月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

https://www.kotokotopasta.com/class/

毎日料理をしていたい

img_20180107_1243297522126024592581481.jpg教室で私よりふた回り半、歳を重ねていらっしゃる方がおっしゃっていたこと。

「色々な仕事をしてきたけれど今、毎日何をしているかって、料理をしている。」

家に帰って、夕食の支度をしながら、その言葉を何回も思い出して手が止まる自分がいました。私が昼食や夕食の支度をするとき、毎回チョロチョロする夫にその話をし、私たちもそうありたいねと。

ちなみに我が家では、料理は私の仕事、食器を並べたり、オリーブオイルやハーブ塩など調味料をテーブルに置くのと後片付けは、もっぱら夫の仕事です。

これはフィレンツェの実家も同じで、義父もそんな風に料理をしている義母の周りをチョロチョロして暮らしています。

別のチョロチョロ家族のもとへ、あと少しで長女がまた帰ってしまいます。フィレンツェへ「帰る」という言葉は、日本で暮らす母として違和感を拭えませんが、本人なりにもう一つの居場所が、家族ができたことは喜ばしいことなので良しとしています。

そんなこんなで我が家は去年からバラバラ家族なので365日は無理でも、久しぶりでも、家族揃って食事をする時間がこれからも続くといいなあと思います。

昨年と違い、さすがに二年目なので笑って送り出せそうです。

あとどのくらい私自身も日本にいるのか分かりませんが、何歳になっても、どこで暮らしていても、料理をしていたいと思った今日でした。

明日からはフジッリのレッスンが始まります!お待ちしております〜!

📷 雑誌「栄養と料理 2018年10月号」に掲載頂きました!

2018-09-07-eiyotoryori

雑誌「栄養と料理 2018年10月号」に掲載頂きました。

まだ上の娘が産まれて間もない頃、教室に通って下さっていた方のご紹介で雑誌「栄養と料理」の取材のお話を頂きました。

ご縁あってのお仕事、当時の懐かしさもあり、少し喋りすぎましたが(笑)今回は、リグーリア州のパスタ「トロフィエ」のレシピを紹介しています。

パスタ教室で人気があり、パスタ作りが初めての方が自宅で簡単にできるパスタをとの依頼で今までレッスンで何度も作ってきた「トロフィエ」にしました。

日々、見守ってくれている家族の話、教室で大切にしていることは何か、色々自分自身を振り返る良い時間になりました。

私がパスタ教室を開催する上で大事にしたいことは、単にパスタを作ることではなく、イタリアの家庭だったらいつどう食べるかを含めてお伝えすることです。

イタリア料理には流れがある、その流れを誤ると「全てが台無し!」と夫に注意された話は教室にいらしてくださる方は耳にタコができるほど聞いているかと思います。
そんな小さなエピソードを交えながらパスタ教室を続けていければ嬉しく思います。

よろしければ是非、ご覧ください。

https://www.kotokotopasta.com/media/magazine/2018-09-07-eiyotoryori.html