大切な人に。

お伝えしている新しいパスタの1品、ガルガネッリ。
今日は袋つめをして大切な人へのお届けの用意をしました。
ちょっと光が足りなかったけれど、、、
袋につめる瞬間、これを召し上がっていただける大切な人のことを考えます。
ガルガネッリはペンネににている形。
真ん中の空洞にソースが入りこめる形になっているのです。
手で作るので量産はできなくって2人前に20分くらいかかってしまいますが、椅子に座りながらゆったり作っています。
そして少し余分に作って我が家の食卓へも。。。
今夜はフライパンの中でモッツアレッラチーズとトマトソースを温めてガルガネッリとともに頂きました。
とけたモッツアレッラとトマトソースがガルガネッリを包みこむような、ほっとする小さな幸せでした。

電車の中で、隣に座っていたおばあちゃんが私の肩に頭を乗せてこっくりこっくり。
数分後「はっ!」と気づいたその方は「すいません。疲れちゃって。。。」なんて言葉とともに「目もとひんやりシート」を7袋もくれました。
目元をひやした方がよいのはアナタでは、、、?と思いつつもなんだかうれしかった。
東京にでてきて電車に乗る。そこは、あまり他人と関わらない空間。
そんな中で誰かと会話を交わし、物までもらうなんて奇妙な光景。
だけどそれが心地よかった。

振り返るとイタリアでは電車に乗ると必ず誰かに声をかけられた。
バスに乗ってもそう。
バス停でも「おはよう」といわれる。
他人と関わることが自然になっていたイタリアでの時間。

今、ちょっと違う。
イタリアと日本、どちらが安全かと聞かれたら実は精神面ではイタリアのほうが安全なのでは、、、と思ってしまうのは私だけかしら?

そんなささやきでした。