チャンベッローネ

撮影のためにと、マンマが焼いてくれたお菓子「チャンベッローネ」オリーブオイルを使って作る、バターの入らないお菓子です。実家では朝食に食べています。

イタリアの実家での朝ごはんの定番は、カフェオレかエスプレッソとお菓子。お菓子と言ってもバターの入らないビスコッティやこういったチャンベッローネなどのケーキが多い。ときどき、お義父さんが早起きすると、近所のパン屋でバターの入っているであろうアマーイお菓子が登場する。それはそれで幸せなひとときだけれど、甘さ控えめのマンマのお菓子もまた、おいしいひととき。これでもかってほど、私は食べてしまいますが。

12月のマンママスターのレッスンでは、このチャンベッローネをみなさんと作りたいと思います!