ポレンタの台

フィレンツェの台所でずっと気になっていたものがある。花の形をした木の台。

この間の帰省でマンマの留守中、夫に聞いてみた。「なんでアナタ知らないの〜?」なんて言われながら「あれは、ポレンタを乗せる台だよ!」とのこと。熱々のポレンタ(とうもろこし粉の粥状のもの)を作って鍋からどどど〜っと台にひっくり返すときに使うものだそう。

今年も冬は、慌ただしくてあまりポレンタを作っていないのだけど、あああの台があれば毎日作りたいかも♪というほど私にとって盛り上がるものだった。それからあちこちで探しているのだけれどまだ出会わない幻の台。

なぞが解けてまたひとつ欲しいものができてしまった。