牛乳屋さんの仕事

少し前から宅配牛乳屋さんのお仕事をさせて頂いております。牛乳を使ったレシピの仕事。毎回、夫や姑に「牛乳を使った料理はない〜?」と質問を投げかけるとそのときどきで「これ、これ〜!」と答えてくれる。その素早さにイタリア料理と牛乳は馴染み深いんだなあと思う。

私は牛乳と言うと子どもの頃、一升瓶に入れられたちょっと酒臭くて生温かい絞り立ての牛乳を思い出す。実家を離れてから牛乳は必ず冷蔵庫にあるものではなくなったけれど、結婚してから牛乳は必ずあるものになった。毎朝、エスプレッソに少しだけ加える夫のために。そういえば親譲りで昨日の我が子は、おもちゃのエスプレッソカップに牛乳を入れて飲んでいた。よく見てるなあ〜と思った。そんなこんなで今や我が家の冷蔵庫にはパルミジャーノレッジャーノも加わって私の毎日、牛の恵がいっぱいです。