人形その1

イタリアの義父母が連れてきた人形その1。すごく気に入ったふうではなかったのに夜、娘が抱っこして寝ることが増えてきた。昼間は一緒に踊っていることもあれば、この人形の上に座っていることもある。

気が多い子どもなので一日中、人形その1と過ごしているわけではない。でも確実に娘の生活に入り込んでいる。

そんな今回のノンナのイタリア土産をご紹介してみました。どうでもいい話ですが・・・!

8月28日(土)空席があります!

8月28日(土)11:00-13:00のパスタ教室に空席があります。2席あります。

メニューは、クルミの殻の形のパスタと海老とモッツアレッラの冷製パスタ、黒こしょうのタラッルッチ(パン生地のスナック)です。

まだまだ暑い夏!作りおきに便利な冷たいパスタをこの機会に是非!

なんて宣伝めいた文句を書いてしまいましたが、ご参加頂ける方は日程が近いのでメール(info@kotokotopasta.com)までお問合せください。どうぞよろしくお願い致します。

ズッキーニのトルタ

イタリアの義父母が帰国した。すごく寂しい我が家。その存在を思うとイタリアへ行きたくなる。だけど今回もマンマの卵の私に残してくれたものは、大きい。

一番思ったのは、マンマの味を受け継ぐには私はまだまだ未熟で、きちんとマスターするには家族の存在が必要なのではないかと実感した。マンマロッサーナに習った料理を作ったとき、夫や娘に「ブオーノ!」とか「マンマと違う。」「まじゅい!」と言われることがマンマの味を受け継ぐ近道になるのだと思った。

今、8月Sメニューで作っているマンマの一品「ズッキーニのトルタ」。ただレシピを教えてくれるのではなく、どうやって食べると美味しいかを教えてもらい、その法則に基づいて作っています。これがマンマロッサーナのレッスンのいいところ。その思いを少しでもコトコトパスタに来て下さる皆さまにお伝えできたらと思います。

8/24,25日のパスタ教室はまだ空席がありますのでご興味のある方はお待ちしております。

マンマの肉料理は世界一!

来日中のマンマが作ってくれた鶏肉とキノコの料理。

いつものことなのだけど、マンマの肉料理は世界一!おいしいと思う。適当に作っているのになぜか、おいしい。

実はあまり肉を食べなかった2歳になる娘が、この一皿を味わってから肉に目覚めた。

「ばあちゃん、お肉、おいしいね!」という日本語を何度も口にするほど。子どもも大人も大好きな味をシンプルな食材で作ってしまうマンマ・ロッサーナ。私にとって、丸ごといとしい大事な姑です。

11月の日程を更新しました

遅くなりましたが、本日の21時から募集予定の11月の日程を更新しました。

11月の新メニューはAとBです。イタリアのマンマと一緒に考えたメニューです。あんなに皆さんに話していた富士山行きをやめてパスタを教わって過ごしています。そのひとつ、カリフラワーの白いラザーニェ。詳しくはこちらより。

9月10月の募集も同時に行っています。どうぞよろしくお願い致します!

カーテン到着

カーテン到着。ついでにイタリアの義父母も来日。

「あなたたちの寝室のカーテン、変!」と言われて姑のマンマが作ってきてくれた噂のカーテンがこちら。「私のセンスを信じて!」と自信たっぷりに買った我が家のカーテンを否定されて、少しガックリしていたのだけど・・・

マンマのおっしゃる通りでした。というほど素敵なカーテンでした。素材も雰囲気も豊かな感じで縫い目も素晴らしかった!もうマンマの言いなりになろうと決めました。次はキッチンのランプをマンマ仕様にしてもらう予定。

私のセンスVSマンマのセンス の対決は私の完敗。生きてきた(暮らしてきた?!)年月だけセンスも培われるものなのですね。娘の部屋にと塗ってくれたカーテンもすごくかわいいのでまたUPしますー!

立ったまま眠れる日本人に

image

夫が日本で暮らすようになって一番びっくりしたのは、満員電車ではない。立ったまま寝ている人たち。なんと我が娘もそんな日本人の一員に。
保育園を休み、コトコトパスタでお昼寝中のワンシーン。