ドングリちぎる

今日はいいお天気&子どもたちの体力を消耗させるべく、姑とともに目の前の公園へ行きました。

森の中にある公園といった印象で自然豊かなところで娘(と私)が初体験したのがどんぐり拾いならぬ、どんぐりを無理矢理、枝からちぎること。従って青い。

姑と義姉の子どもが枝を引っ張り始め、どんぐり取れたーなんて喜んでいて、えーー!!公共のものをそんなことしていいのー?!と思う私。尋ねると姑にとっての公共の場所にあるものは皆のものだから誰も困らないので大丈夫なのだそう。よく見ると他の家族もリンゴをちぎったり、フランボワーズをむしりとったりしている。草や野花もちぎってO.K.なフィレンツェの公園。

早速、まだチビな娘と甥っ子に命じられて私がどんぐりを枝からむしりとる。ポケットいっぱいのどんぐり。なんとなく罪悪感…

東京でやったら怒られそうなほど、自然を満喫し、駆け回る娘。3.11以降、公園を避けていた私にとっては、涙をぐっとこらえながら見守っていた時間でした。

なんでも摘み取ってO.K.だけど、拾ったどんぐりと洋梨を投げて遊んでいたらさすがに姑に怒られた娘と甥っ子。公共の場でしょ!と。日本と違う分別を身につける必要がありそう。