責められペコリーノ

先週、ペコリーノチーズを切らしてしまったので再オーダーと思ったらいつものペコリーノが品切れ。別のインポーターさんに電話したところ「今からオーダーすれば来週着く空輸便にのせてあげますよ。」と言われたので調子に乗って値段も聞かずにオーダー。

本日、届きました。一応、自分への出産祝いということでごまかそうと思っていたのですが…運悪く届いたときに夫が近くにおり、納品書で価格までチェックされ…

「こんなに高いペコリーノ買うなんてアナタ何様?!」と責められ、さらに出産祝だから…とごまかすも「まだ産まれてない。」と責められ、立場弱いことこの上なし。

とはいえ、味見してみようということになり、味見してみたところ素晴らしく美味しい。トスカーナ州マレンマ産のペコリーノチーズで夫も満足そうだったのでセーフ?!と思いきや、「一切れ300円くらい?」と突っ込まれ、またまた反省。美味しいペコリーノなのに食べる度に責められる気がして味わいづらくなっています。

こうなったら今夜あたり出産してペコリーノの件は帳消しにならないかなと思いめぐらしていますが、こればかりはどうにもならず弱気な本日です。