イタリア人になれません

少しずつ秋の気配ですね。

急に冷えてきたのにパスタ教室ではグラニータのレッスンをやっており、あと数日だけ冷えないで〜と勝手に願っています。

秋といえば、栗!あちこちのお店で栗のドルチェが売り出されてきましたね。私もただ今、11月パスタ教室の準備をしており、11月は栗粉を使ったパスタを作ろうと思っています。お楽しみに。

話は変わるのですが、今夜は夕食を久しぶりにご飯と味噌汁にした我が家。すると「これじゃあマンマはいつまでもイタリア人になれないよ!」と長女に言われました。

確かにイタリア料理を敬愛しているけれど…「パスタ食べても国籍変えられないのよ。」って伝えたけれど理解できていない風の4歳児。

このごろ自分はイタリア人であり、日本人であること。お友達と少しだけ外見が違っていて、日本とイタリアでは料理や言葉、習慣が違うことに気がつきはじめ、色々な発言をする長女。「日本語を話すときとイタリア語を話すときは声が違うねー。」なんて子ども目線の発見を教えてくれたり、ちょっと面白いです。

戸惑いながらもプラスに考えて明るく育って欲しいと願う永遠に日本人の私です。