スープパスタ

パッサテッリ

パスタ教室にいらっしゃる方に「いつもどんなものを食べていますか?」と聞かれます。

秋、冬になってくると我が家の定番は、スープパスタ。

スープパスタと言っても乾燥スパゲッティやリングイネをポキポキ折ったもの、スープ用の星やお米の形のパスタ、クリスマスの定番トルテッリーニ、アノリーニなどいろいろなバリエーションがあり、飽きないイタリア。

今夜はパッサテッリにしようと思っています。

パッサテッリは、エミリアロマーニャ州やマルケ州で食べられてきたパルミジャーノレッジャーノとパン粉、卵などを混ぜ合わせた生地を押し出したもの。

これを加えて煮込むとチーズ味のスープになります。

スープと言っても我が家のスープはイタリアでいう「ブロード(だし)」。最近はお肉を入れないで煮出した野菜だしを気に入って毎週末に作り置きしています。

あっさりした仕上がりなので夕食にはぴったりです。

とっても簡単なのでご紹介します。

材料(作りやすい分量)

水…………3ℓ

玉ねぎ…………1個280g

にんじん…………2本 240g

セロリ…………2本240g

ズッキーニ…………1本 120g

トマト…………中玉2個 200g

にんにく…………皮付きのまま1個

イタリアンパセリ…………4-5本

粒こしょう…………5〜6粒

塩…………大さじ1

作り方

  1. ブロードを作る。玉ねぎ、にんじんは皮をむき、その他の野菜もすべてぶつ切りにする。
  2. 鍋に全材料を入れ、強火にかける。沸騰したら弱火にし、あくを引きながら約2時間火にかける。(急いでいる時は圧力鍋で加圧30分、圧力が下がるまで放っておく)
  3. ざる等でこす。