2月パスタ教室:ニョッキとトレネッテ!

2月パスタ教室の日程・詳細を公開しました。

今回は、年末年始休みを挟むため、特別に2月レッスンの募集を2016年01月10日に行います

lab2016-02_social

2月パスタラボは、冬のイタリア料理の定番「ニョッキ」をテーマに行います。

過去のレッスンで大好評だったニョッキ生地で作るトスカーナ州の「ニューディ」を作ります。
今シーズンは子供から大人まで食べやすいモッツアレラチーズをじゃがいもの生地で包んで仕上げます。
茹でたての生地からモッツアレラチーズがとろりと出てくる瞬間は、幸せそのもの。

ソースは、トマトクリームソースを合わせます。
オレガノをきかせたトマト色の強い配合で、ニューディをうまく引き立てる絶品レシピです。

レッスンでは作りたてで熱々のニューディをソースと一緒にお楽しみ頂く予定ですが、お持ち帰り分は茹でてソースと和え、オーブンで焼いて召し上がっていただく「ニューディのオーブン焼き」としてお持ち帰りいただくこともできます。
オーブンで焼くことでうまれる、ひと味違った食感もご紹介します。

またデモンストレーション形式で、パルミジャーノレッジャーノチーズ入り揚げニョッキ「ニョッキ・フリッティ」を作ります。
チーズの風味とニョッキのもっちり感が特徴でおつまみとしても十分楽しめます。
ポテト好きにはたまらない味のため、ついつい子どもたちにつまみ食いされてあっという間に空っぽになってしまうこともある我が家のスペシャルレシピです。
冷めてもおいしいのでお弁当などにも活躍できます。

ニョッキ・フリッティはそのままでも美味しいのですが、今回はソースにクルミのペーストを合わせます。
体に優しいシンプルな素材で作るクルミのペーストは様々なニョッキやパスタソースとして使える便利なソースです。

マンマの一品は、バレンタインシーズンにおすすめの「セモリナ粉のチョコレートタルト」を作ります。
もっちりしたセモリナ粉の土台にチョコレートのガナッシュを流し込んだイタリア定番のタルトです。
食後やおやつ、朝食にもぴったりで、持ち歩きもしやすいタルトです。
我が家では家族皆で大好きなセモリナ粉のチョコレートタルトですが、日本のパティスリーではなかなかお目見えできない美味しい一品をご紹介します。

les2016-02_social

2月パスタコースは、リグーリア州のパスタ「トレネッテ」を作ります。

トレネッテは、小麦粉と水でつくる卵の入らない平打ち麺です。
もちもちした食感とのどごしのよさが魅力です。

今回はソースに合わせて歯応えがあるように少し厚みのあるトレネッテを作ります。
粉と水、パスタマシンでさっと作ることができ、ラグーやトマトソース、ペーストに至るまで様々なソースと相性が良い万能パスタです。

ご当地リグーリアでは、トレネッテはジェノヴェーゼペーストと一緒に食べるのが定番ですが、今回はツナのカルボナーラソースを合わせます。
カルボナーラといえば、パンチェッタで作るのが一般的。
港町のあるリグーリアではパンチェッタより身近な存在が魚だったため、ツナのカルボナーラが近年、人気になったそうです。
いつものカルボナーラとはひと味違った、濃厚でインパクトのあるソースです。

マンマの一品は、ブラックオリーブのペーストを作ります。
ブラックオリーブのほどよい苦味と濃度が絶妙な配合です。
クラッカーにつけておつまみとして楽しんだり、パスタにあえたり、お肉に混ぜたり、使いみちがたくさんあり、煮沸すれば保存もできる一品です。
以前、コトコトパスタで輸入販売し、好評だったブラックオリーブのペーストのレシピをメーカーに教わり、再現します。

今回は、カルボナーラソースは持ち帰りが難しい形状のため、お持ち帰りはブラックオリーブのペーストをお持ち帰り頂きます。
こちらもトレネッテとも相性抜群のため、お楽しみに。

募集は2016年01月10日午後21:00時より行います。

どうぞよろしくお願い致します。

→http://www.kotokotopasta.com/class/