3月パスタ教室:ポレンタとオレッキエッテ!

3月パスタ教室の日程・詳細を公開しました。

mas2016-03_social

復活!マンママスター第一弾として「トレンティーノ州のポレンタと自家製サルシッチャ」のレッスンを開催します。

北イタリア・トレンティーノ州で食べたポレンタ&サルシッチャの味が忘れられず、日本のご家庭で再現いただくのをテーマに行います。

ポレンタは北イタリアを中心に食べられているとうもろこしの粉を練り上げたもの。作りたてはとろとろ、冷めると固まるので焼いたり揚げたりと朝から夜まで万能使いできるイタリアの主食です。

日本で手に入るイタリア産ポレンタ粉を使ってじっくり練り上げる作業をひとりずつ実習します。
作りたてのポレンタには、「サルシッチャ(イタリア風ソーセージ)」を使ったサルシッチャのラグーを合わせてご試食いただきます。

冷めたポレンタのアレンジ法として、「ポレンタとフォンティーナ、生ハムのクロスティーニ」もデモンストレーション形式でご紹介、ご試食いただきます。
ポレンタと相性の良いフォンティーナチーズと生ハムを使って作るトレンティーノ定番のアンティパストです。

またポレンタ料理に欠かせないパートナー「サルシッチャ」も作ります。
サルシッチャは、イタリア各地で作られてきた自家製ソーセージで地域ごとに配合や太さが変わります。
今回はトレンティーノ州のレシピを忠実に再現し、サルシッチャ作りではひとりずつ腸詰め作業を体験いただき、作ったサルシッチャはお持ち帰りいただきます。

またデモンストレーション形式でフィレンツェの義母の絶品フェンネル料理「フィノッキオ・アル・パルミジャーノ」もご紹介します。
フェンネルとフェンネルシードを合わせて煮込んだじんわり美味しい一品です。

lab2016-03_social

3月パスタラボは、プーリア州発祥の手作りパスタ「オレッキエッテ」をテーマに行います。

パスタマシーンは使わず、ナイフひとつで作ることができる「オレッキエッテ」は、これをマスターするために何度もレッスンに来て下さる方もいるほど人気の楽しい生パスタ。

実際に作り方を体験しなければ習得しづらい奥の深いパスタですが、基本の動きを覚えてしまえば、何度も作りたくなる楽しい作業です。

ソースは、「バジルとドライトマトのペースト」をひとりずつ作ります。
ドライトマトとバジルという基本の材料で作る、アーモンドも松の実も入らない、素材重視の美味しいペーストです。
シンプルゆえに、絶妙の配合が仕上がりを左右するドライトマトのペースト。
今回は、フィレンツェの義母直伝オリジナルレシピをご紹介します。
パスタソースとしてだけでなく、クラッカーやパンに塗ったり、スープに加えたりと万能さも自慢。
保存もできるので作り置きアイテムとしても活躍すると思います。

またデモンストレーション形式でズッキーニ入りボンゴレ・ビアンコも作ります。
このソースは、オレッキエッテによく合わせる定番のソースのひとつです。
柔らかく煮たズッキーニはあさりと相性が良く、それぞれを引き立てた美味しさが味わえます。

マンマの一品は、ローズマリー風味の「フォカッチャ・クロッカンテ」を作ります。
カリカリ、パリパリに焼いた薄焼きフォカッチャでそのままおつまみに食べたり、生ハムを挟んで食べることもできる美味しい一品です。

募集は2016年02月05日午後21:00時より行います。

どうぞよろしくお願い致します。

→http://www.kotokotopasta.com/class/