🇮🇹 2018年初摘みオリーブオイル予約販売開始!

novello2018

毎年、ノヴェッロは新しいオリーブオイルを楽しく祝うもの。
ご家族やご友人と味わう秋のイベントとして高品質なトスカーナ産初摘みEXVオリーブオイルをお楽しみ頂ければ幸いです。

2018年初摘みオリーブオイル「NOVELLO ANTEPRIMA 2018」の予約販売を開始しました!

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/novello-500.html

2018年10月下旬に収穫されたばかりの搾り立てでフレッシュな「ノヴェッロ」を楽しむ季節がやってまいりました。

入荷まで予約期間限定で特別な価格でご提供しますのでどうぞご利用ください!
例年、あっという間に完売し、昨年は12月の時点で早くも在庫がなくなっていたほどファンが多い人気商品です。

OLIO NOVELLO (オーリオ・ノヴェッロ) とは、イタリア語で初物のオリーブオイルのこと。
まさに季節・数量限定のオリーブオイルです。

年に一度しか巡ってこないこの時期に、世界中で食通たちが新鮮な搾りたてオリーブオイル「ノヴェッロ
」の登場を待ちこがれているほど価値のあるものとされています。

フランチ社の新EXVオリーブオイル「オーリオ・ノヴェッロ」はフレッシュな口当たりで苦みと辛みがバランスよく、今年も圧倒的に美味しいと既に現地で味見した夫からも報告が上がっています。

イタリアではノヴェッロを入手したらパンにかけて味わうというイタリア流の最初の儀式にぴったりのパンによく合う中間タイプに仕上がっています。

鮮度が大事なオリーブオイルを早く美味しく味わっていただけるよう、11月中旬という早い時期に空輸でお届けします。

数量限定で航空便にて入荷となるため、予約特価にて先行予約販売を受付けます:

  • 1本単品:10%OFF
  • 3本お得セット:15%OFF
  • 6本お得セット:20%OFF

商品名:EXVオリーブオイル NOVELLO ANTEPRIMA 2018(ノヴェッロ・アンテプリマ・2018)
生産者:FRANTOIO FRANCI(フラントイオ・フランチ)、トスカーナ州、イタリア
内容量:500ml
入荷予定:航空便にて11月中旬

フィレンツェの味はパプリカ?!

15391713791233889631290177604626.jpg

娘がイタリアへ帰ってしまい、早くも2週間が過ぎました。

「私は自分のために勉強する。」日本にいた夏休み中、もうイタリアへ行かないで!と懇願した私に放った娘の言葉。

この時のことが今でも心に刺さり、何度も思い出します。かつて自分自身も学びたいことを最優先にし、いつも何も言わずに送り出してくれた父母がいたことも。

2年目になる娘の留学生活、追いかけるのではなく、子供の意思を尊重し、どっしり見守ろう。そう思ったのに旅立った数日は本当に寂しくて、直後のパスタ教室では皆さんに励ましていただいたりしたのですが、おかげさまでこの距離ある暮らしも落ち着いてきたところです。

イタリア側の家族も落ちついた様子。なぜかイタリアで暮らす方がほっそりする娘がフィレンツェのおばあちゃんの料理で一番食べたいと思ったというパプリカ料理。

ラッキーなことに今日のお昼はパプリカソースだったそう。しっかり焦がして皮をむいて消化しやすいように下処理をされたパプリカ。玉ねぎ人参セロリの香味野菜をオリーブオイルで炒める、パプリカとトマトを加えて柔らかくとろとろになるまで1時間煮込んで作るパプリカソース。

私も食べにイタリアに行きたい!そんな気持ちを抑えて日本の秋を楽しみます。

それはさておき、娘はフィレンツェの小学校で最終学年である5年生になりました。去年の今頃は言葉の壁もあり、不安いっぱいでしたが今年は頼もしいほど「普通」にイタリアの小学生をしています。

「今年はイタリアの学校でギリシャ史とローマ史を学びたい!」と言い、やりたいことを明確にして学校へ行ける強さが備わったことが私の中では大きな変化。日本にいた頃、勉強をそれなりにこなすけれど楽しそうではない子供だったので、この成長はイタリアとイタリアの義母に感謝の気持ちです。

すでに始まったそうな学校でのギリシャ史の授業。どれくらい面白い?と聞くと「なんでそんなこと聞くの。面白いに決まってる!」とのこと。この勢いで今年も頑張って欲しいなと思います。

学校から帰るとちょっと休憩して義母が先生になり、予習復習とにかく勉強をするそうです。義母は娘の先生であり、シェフであり、母の役目も果たしてくれるとは。本当にありがたくて頭が上がりません。

ちなみに姉がいなくなって落ち込んでいた次女は、「トゥル〜トゥロロロロロ。」と寝る前まで発声練習。イタリア語の第一歩「R」の発音を自主練しております笑。

私は今週いっぱいはガルガネッリのレッスンです。お付き合いくださった皆さま、ありがとうございます。これからお越しになる皆さまも楽しんで頂けるよう準備に励みます!

🍳 お知らせ:11月レッスンの空き状況

たくさんのお申し込みありがとうございました!
追加日程や日程変更により、満席となっていた日も空席ができましたのでお知らせします。
よろしければご確認ください。

lab2018-11

11月パスタラボ:燻製生ハムとチーズの包み焼き「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
🇮🇹 Reginette toscane al cartoccio con speck e ricotta

★ 2018年11月01日()11:00 あと2席
★ 2018年11月02日()11:00 あと1席
★ 2018年11月05日()11:00 あと2席
★ 2018年11月06日()11:00 あと2席
2018年11月10日()11:00 あと1席

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-11.html

les2018-11

11月パスタコース:パルマ風トルテッリーニとバルサミコのモッツァレラクリームソース
🇮🇹 Tortellini parmigiani alla crema di mozzarella e balsamico

★ 2018年11月13日()11:00 あと2席
★ 2018年11月14日(水)11:00 あと1席
★ 2018年11月15日()11:00 あと1席
★ 2018年11月16日()11:00 あと2席
★ 2018年11月21日()11:00 あと2席

https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-11.html

📣 11月レッスンの募集をスタートしました!

class-2018-11

🚦 11月レッスンの募集をスタートしました!

11月パスタラボ:燻製生ハムとチーズの包み焼き「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
🇮🇹 Reginette toscane al cartoccio con speck e ricotta
https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-11.html

11月パスタコース:パルマ風トルテッリーニとバルサミコのモッツァレラクリームソース
🇮🇹 Tortellini parmigiani alla crema di mozzarella e balsamico
https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-11.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。
https://www.kotokotopasta.com/class/

🍳 11月パスタ教室:包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」とパルマ風バルサミコのトルテッリーニ!

11月パスタ教室のメニューと日程をアップしました!

lab2018-11

11月パスタラボ:燻製生ハムとチーズの包み焼き「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
🇮🇹 Reginette toscane al cartoccio con speck e ricotta

生パスタの茹でたての美味しさを包み焼きにした「カルトッチョ」のレッスンを開催します。手打ちパスタの女王と称される「レジネッテ」を燻製生ハムやチーズのソースとからめて包み焼きにすることでパスタがソースを吸い、熱々で旨味たっぷり美味しいパスタに変身します。保存食として美味しく便利な玉葱ペースト、ヴェネツィア風カプチーノのティラミスも合わせてご紹介します。これからの季節に活躍できる作りやすく、豪勢な印象を与えるおもてなしメニューですのでお楽しみに!

★ オーブン包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」
★ 燻製生ハムとリコッタチーズのソース
★ 保存食「玉葱ペースト」の瓶詰め
★ ヴェネツィア風カプチーノのティラミス
★ イタリア産赤ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:オーブン包み焼きパスタ「レジネッテ・アル・カルトッチョ」

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-11.html

les2018-11

11月パスタコース:パルマ風トルテッリーニとバルサミコのモッツァレラクリームソース
🇮🇹 Tortellini parmigiani alla crema di mozzarella e balsamico

これが作れたら一人前!と言われるほどイタリアのクリスマスの定番である「トルテッリーニ」のレッスンを開催します。パルマ産の生ハムや肉を包んだ小さなラビオリには、ご自宅でも再現しやすいモッツアレラチーズのクリームソースを合わせてワンランク上の生パスタ作りをご紹介します。家庭で簡単に作れて色々な料理を美味しくできる自家製のバルサミコ塩や栗を包んだ濃厚な美味しさのロンバルディア州のケーキ「ズブリゾローナ」もお楽しみに!

★ パルマ産生ハムの「トルテッリーニ」
★ バルサミコのモッツァレラクリームソース
★ 自家製「バルサミコ塩」
★ 栗のケーキ「トルタ・ズブリゾローナ」
★ イタリア産赤ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:バルサミコ塩、トルテッリーニ、ソース

https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-11.html

募集は2018年10月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

https://www.kotokotopasta.com/class/

毎日料理をしていたい

img_20180107_1243297522126024592581481.jpg教室で私よりふた回り半、歳を重ねていらっしゃる方がおっしゃっていたこと。

「色々な仕事をしてきたけれど今、毎日何をしているかって、料理をしている。」

家に帰って、夕食の支度をしながら、その言葉を何回も思い出して手が止まる自分がいました。私が昼食や夕食の支度をするとき、毎回チョロチョロする夫にその話をし、私たちもそうありたいねと。

ちなみに我が家では、料理は私の仕事、食器を並べたり、オリーブオイルやハーブ塩など調味料をテーブルに置くのと後片付けは、もっぱら夫の仕事です。

これはフィレンツェの実家も同じで、義父もそんな風に料理をしている義母の周りをチョロチョロして暮らしています。

別のチョロチョロ家族のもとへ、あと少しで長女がまた帰ってしまいます。フィレンツェへ「帰る」という言葉は、日本で暮らす母として違和感を拭えませんが、本人なりにもう一つの居場所が、家族ができたことは喜ばしいことなので良しとしています。

そんなこんなで我が家は去年からバラバラ家族なので365日は無理でも、久しぶりでも、家族揃って食事をする時間がこれからも続くといいなあと思います。

昨年と違い、さすがに二年目なので笑って送り出せそうです。

あとどのくらい私自身も日本にいるのか分かりませんが、何歳になっても、どこで暮らしていても、料理をしていたいと思った今日でした。

明日からはフジッリのレッスンが始まります!お待ちしております〜!

📷 雑誌「栄養と料理 2018年10月号」に掲載頂きました!

2018-09-07-eiyotoryori

雑誌「栄養と料理 2018年10月号」に掲載頂きました。

まだ上の娘が産まれて間もない頃、教室に通って下さっていた方のご紹介で雑誌「栄養と料理」の取材のお話を頂きました。

ご縁あってのお仕事、当時の懐かしさもあり、少し喋りすぎましたが(笑)今回は、リグーリア州のパスタ「トロフィエ」のレシピを紹介しています。

パスタ教室で人気があり、パスタ作りが初めての方が自宅で簡単にできるパスタをとの依頼で今までレッスンで何度も作ってきた「トロフィエ」にしました。

日々、見守ってくれている家族の話、教室で大切にしていることは何か、色々自分自身を振り返る良い時間になりました。

私がパスタ教室を開催する上で大事にしたいことは、単にパスタを作ることではなく、イタリアの家庭だったらいつどう食べるかを含めてお伝えすることです。

イタリア料理には流れがある、その流れを誤ると「全てが台無し!」と夫に注意された話は教室にいらしてくださる方は耳にタコができるほど聞いているかと思います。
そんな小さなエピソードを交えながらパスタ教室を続けていければ嬉しく思います。

よろしければ是非、ご覧ください。

https://www.kotokotopasta.com/media/magazine/2018-09-07-eiyotoryori.html

📣 10月レッスンの募集をスタートしました!

class-2018-10

🚦 10月レッスンの募集をスタートしました!

🐔 10月パスタラボ:ガルガネッリとディアボラ風チキンとポルチーニ茸のソース
🇮🇹 Garganelli con pollo alla diavola e funghi porcini
https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-10.html

🐟 10月パスタコース:秋鮭サーモンクリームのロングサイズ「ラビオリ・ルンギ」
🇮🇹 Ravioli lunghi ripieni alla crema di salmone
https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-10.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。
https://www.kotokotopasta.com/class/

🍳 10月パスタ教室:ディアボラ風とポルチーニ茸ガルガネッリと秋鮭サーモンクリームのラビオリ!

10月パスタ教室のメニューと日程をアップしました!

lab2018-10

10月パスタラボ:ガルガネッリとディアボラ風チキンとポルチーニ茸のソース
🇮🇹 Garganelli con pollo alla diavola e funghi porcini

木製の道具を使って作るエミリア・ロマーニャ州の伝統パスタ「ガルガネッリ」のレッスンを開催します。ガルガネッリは、数ある生パスタの中でも象徴的なショートパスタ。秋冬の濃厚なソースと相性が良いので今回は秋の王様ポルチーニ茸を使ったソースを合わせてご紹介します。この地域の代表的なチーズを使ったローストポテトやりんごのクリーミーなケーキも作りますのでお楽しみに!

★ エミリア・ロマーニャ州の「ガルガネッリ」
★ ディアボラ風チキンとポルチーニ茸のソース
★ パルミジャーノレッジャーノチーズのローストポテト
★ リンゴのクリーミーな「トルタ・ディ・メーラ」
★ イタリア産赤ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:チキンと茸のソース、ガルガネッリ

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2018-10.html

les2018-10

10月パスタコース:秋鮭サーモンクリームのロングサイズ「ラビオリ・ルンギ」
🇮🇹 Ravioli lunghi ripieni alla crema di salmone

秋が旬のサーモンを包んだロングサイズのラビオリを作るレッスンを開催します。大好きなラビオリが長くなるとインパクトが増し、美味しさも倍増します。クリーミーなサーモンを包んだ食べ応えのあるラビオリに合わせて長ネギの塩味のタルトや秋らしさ満点のかぼちゃプリンもご紹介します。イタリアの家庭に伝わる秋の味覚を楽しんでいただけるような内容でお待ちしております!

★ ロングサイズの「ラビオリ・ルンギ」
★ 秋鮭のサーモンクリームソース
★ 長ネギ入り塩味のケーキ「トルタ・サラータ」
★ かぼちゃのクレームブリュレ「クレーマ・コッタ」
★ イタリア産白ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:ラビオリ、サーモンクリームソース

https://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2018-10.html

募集は2018年09月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

https://www.kotokotopasta.com/class/

⛩️ 屋号は二十一や

img_20180818_155731624614602548682601.jpg

お盆休みに家族で京都へ行ってきました。

学生時代に暮らしていた京都、娘たちに見せてあげたいと一念発起。暑い最中でも、きっと楽しいであろうと思って気軽な気持ちで向かいました。

フィレンツェと友好提携都市である京都にはイタリア人がたくさんいました。いちいち数えていた長女によると、3日間で「48グループ!」と。イタリアにはイタリア人いないのではないかと夫が呟くほど、どこもかしこもイタリア人旅行者でいっぱいでした。

そんな私たちも一旅行者として、、、

とにかく歩きました。烏丸御池から清水寺までどう行く?と相談すると「歩こう!」。伏見稲荷の山頂も「もちろん登ろう!」。

歩き回る京都を知らなかった私ですが、娘たちも足にマメができるほど歩いて歩いて歩いた旅でした。10年後の私は歩けないかも!という気持ちひとつでバスに乗りたい気持ちを抑え、ああこの感覚はいつもフィレンツェでも感じるなあと思うと友好提携都市である意味が分かった気がしました。

そんな京都で唯一の買い物が「つげ櫛」。

来月には再びイタリアへ留学してしまう娘に持たせたいなと思い、十三やさんのつげ櫛を買いました。私も16年前に購入したつげ櫛を持ってイタリアへ行き、日本へ戻っても定期的にオリーブオイルを塗って使ってきたつげ櫛。今度は娘も同じようにフィレンツェで頑張ってくれますように。

ちなみに十三やさんの屋号は、く(九)たす し(四)で十三やなのだそう。

ということは私は、こ(五)+と(十)+こ(五)+と(十)=三十や

または

ぱ(八)+す(三)+た(十)=二十一や

思わず暗算してしまいましたが、、、

やっぱり屋号は、カタカナでコトコトパスタ としておきます。