🥚 イタリアイースターのコロンバとは

colomba-di-pasqua

私はイタリア人と結婚してから意識するようになったイースター。

イエス・キリストが復活した日を祝うイタリアの宗教行事であるイースターの日は家族が集まり、復活祭を祝したメニューで昼食を楽しむのがイタリアスタイル。
その時の締めくくりに登場するのがイタリア菓子「コロンバ」です。

コロンバとは、復活祭のイメージである鳩の形をした焼き菓子です。

パンドーロのようなリッチな生地のパン菓子ですが、特徴は表面にかかったメレンゲ。
卵白と砂糖、アーモンドプードルで作るメレンゲ生地をのせて焼き上げたので表面はカリッと甘く、パン生地の美味しさを倍増させてくれます。

夫は子供の頃、この上だけをイースター前にこっそり食べ尽くして怒られたこともあったほど、魅力的なメレンゲがかかったお菓子です。

クリスマス菓子パネットーネはレーズン入りを見かけますが、コロンバは多くが「カンディーティ(=オレンジなどの果物の砂糖漬け」入りが主流。
ちなみに我が家は子供受けが良いチョコチップ入りが定番になっています。

昔は、イタリアからイースターエッグのチョコレートとともに送ってもらっていましたが、送ってもらって味わうものから、今は「作って楽しむ」お菓子となっています。
行事ごとにお菓子があるイタリアの子供達はなんて幸せなのだろう!と思います。
今年はコトコトパスタのイタリア料理教室でもデモンストレーションにてご紹介しますのでお楽しみに。

🍳 参考レッスン:イタリアのイースター料理「パスクワの宴」

🍳 お知らせ:4月パスタコースに再び空席出ました!

lab2019-04

日程変更により満席となっていた日程は再び空きましたのでよろしければご確認ください。
空席あとわずかです!

🌶️ 4月パスタラボ:魚介と春野菜のペペロンチーノ風タリオリーニ
🇮🇹 Tagliolini ai frutti di mare e peperoncino

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2019-04.html

🇮🇹 イタリアごはん日記

15523449138482621353402499850080.jpg

フィレンツェ留学中の長女、小学五年生のごはん日記。私たち親と離れて暮らすのにもすっかり慣れてしまい、、、残念ながら共有できる日常が減ってしまう毎日で、唯一続いているのが朝起きて学校へ行くまでの50分間の電話と、何を食べたかの記録写真。

いとこや友達の家でごはんをしたとき以外は、もはや日課のごはん記録に、学ぶことがたくさんあります。私がイタリア留学していた頃とは違い、さすがにスマートフォン世代。ぱっと撮影して送信できる現代は、子供と離れていても簡単に繋がれます。

とはいえ今日もパスタ教室で、春になって巣立っていく寂しさを思う母心のお話を伺ったのですが、何歳になっても慣れない寂しさがいつも、なんだかんだいっても、あったりします。

そんなこんなで3月11日、昨日の夕方のおやつ「パーネ・アル・ポモドーロ」。トスカーナの塩が入ってないパン(この質感こそがトスカーナのパンという感じの!)に、トマトをこすりつけ、塩とオリーブオイルをかけたもの。おいしいので日本でもときどきしますが、イタリアのおやつは、日本と違って夕方17時くらいです。給食を13時すぎに食べるのでおやつタイムも遅め。

15523449182528457817284590754071.jpg15523449198844121029897051593529.jpg

同じく昨日3月11日の夕食。

育ち盛りの子供にのみ許可された夕食にパスタがでるというこの頃の娘の夕食。横にも縦にも大きくなりましたが(150cmを超えまして)、まだ私の方が身長も体重も負けません!

近所の生パスタ屋さんで買ってきた生ハムのトルテッリーニに、目玉焼き、茹でたじゃがいも。

目玉焼きはお醤油、ソースではなく、塩とオリーブオイルというのがイタリアスタイル。

15519137549082557511036758937807.jpg15522200173977276480848655943331.jpg

こちらは3月8日の夕食メニュー。

女性の日なのでおばあちゃんに代わってお味噌汁を娘が作ったというのですが、豆腐が入っていない海外生活中の日本人みたいなシンプルな味噌汁。おわんに入れて、お皿に重ねておくという和食だけどイタリア式で笑ってしまった一枚です。

セコンドは、カプレーゼ&ゆで卵。モッツァレラとゆで卵って合う!というのは私も昔、フィレンツェの義母から学んだなあと思い出しながら。

15517376081318762259885755912766.jpg

こちらはいつだったか、3月のある日の夕食の一部です。イタリアでは卵料理は朝食ではなく夕食メニューであると主張してきた夫の意見にしっくりくる、出ましたここにも卵料理。イタリアの卵焼き「フリッタータ」、ズッキーニ入り!

お昼ご飯にたくさんパスタやお肉を食べてお腹空いてないのに夕食時間になり出てくるフィレンツェの義母のフリッタータをついつい食べちゃって、幸せなまんぷくになった日のことを思い出しながら、今日は眠りたいと思います。

↓夕暮れのフィレンツェの中庭風景。フィレンツェの家には、どこも裏の顔があり、通りに面してない方のこういう建物同士の裏側は、キッチンがあったり、物干しロープがあったり、ほっとする場所。ここから娘が撮影した3月11日の日暮れです。

15523449162301799892481279438648.jpg

🍳 お知らせ:4月パスタ教室に土・日曜日空席出ました

mas2019-04

いつもたくさんのお申し込みありがとうございます!

日程変更により満席となっていた土・日曜日は再び空席が出ましたのでお知らせします。

🥚 4月マンママスター:イタリアのイースター料理「パスクワの宴」
🇮🇹 Pranzo di Pasqua all’italiana

04月07日()11:00 ★ 更新:満席 🈵

04月13日()11:00 ★ 更新:満席 🈵

https://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2019-04.html

🌼 明日はミモザの日!

torta-mimosa

明日は、3月8日「世界国際女性デー」ですね。
イタリアではFesta della donna(フェスタ・デッラ・ドンナ)といい、祝日ではないですが女性であることを祝う日。

私は毎年、フィレンツェの義母から「女性の日、おめでとう!」とメッセージをもらいます。
今年こそは、現時点では覚えているので先に言いたい!と思っていますが、毎年うっかりしてしまうのでどうなることやら。がんばるぞー!!!

この日に楽しむケーキといえば、「Torta mimosa」。
ミモザの花に見たてて焼いた黄色のスポンジ生地を角切りにし、カスタードや生クリームの上にふわふわかけて仕上げるケーキです。
シンプルで程よい甘さのミモザケーキ、今年もパスタ教室でもレッスンで開催しているので昔のように夫が街中をさまよってミモザケーキを探すことはなさそうです。

🍳 参考レッスン:「3月8日のバナナ入りミモザケーキ」

イタリアはイベントごとにその日にちなんだ料理やお菓子があるので
「毎月ダイエットしよう!と思うのにいつも何かがある。」と義母がぶつぶついうほど
食べるのに忙しい国です。

皆さんも楽しくめでたい!女性の日をお迎えください〜!

🚦 4月レッスンの募集をスタートしました!

class2019-04

🚦 4月レッスンの募集をスタートしました!

🥚 4月マンママスター:イタリアのイースター料理「パスクワの宴」
🇮🇹 Pranzo di Pasqua all’italiana
https://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2019-04.html

🌶️ 4月パスタラボ:魚介と春野菜のペペロンチーノ風タリオリーニ
🇮🇹 Tagliolini ai frutti di mare e peperoncino
https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2019-04.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。
→ https://www.kotokotopasta.com/class/

💚 食卓にオーロ・ヴェルデ

img_20190210_1657314813587132934820265-2

あいにくの寒い雨ですね。

夕方、おなかが空くと「オーロ・ヴェルデ欲しいな〜!」と下の娘に頼まれ、ついつい晩ごはん前にこんな展開に。

今回、新発売となったオリーブオイルを誰よりも美味しく食べているのはこの娘ではないか、というほど自分でパンに、ごはんに、オリーブオイルをたっぷりかけて豊かな毎日を過ごしています。

すでにご購入くださった方からも、緑色が濃くてテンションが上がりますね、とかフレッシュ感があって気に入っています、などと感想をいただき、とても嬉しく思っています。

やっぱりオリーブオイルは美味しくなくっちゃ!と思うので美味しいを共有できるって嬉しいです。

img_20190210_1710236252183636203291229-2

ちなみに下の娘が6歳にして覚えた「オーロ・ヴェルデ」とは、翡翠色というイタリア語。トスカーナのオリーブオイルの代名詞でもあると言えるほど、昔ながらのトスカーナの鮮度の良いオリーブオイルは翡翠色「オーロ・ヴェルデ」だったのだと夫が我が子に説明したのがきっかけでした。子供の理解力なんてこんなものなのか、娘はこのオリーブオイルはオーロ・ヴェルデっていうんだ!と勘違いし、前述のフレーズ「オーロ・ヴェルデ欲しいな〜」と言うようになりました。

お天気が悪いのと夕方なので、翡翠色をお伝えできるほどの写真が撮れませんでしたが、炒め物や揚げ物に使っても、加熱後もきれいな緑色をしていてびっくりします。そして美味しいです。オリーブオイル使うなんて勿体無いと思うような普段の加熱調理に使ってみて欲しいです。オリーブオイル使い続けてきた我が家でもこのオイルで炒めただけなのに「今日はどうした?なんか美味しい気がする。」と夫に言われたほど、不思議な調味料マジック。

なーんてこのオイルが美味しすぎてオーバーな方向に言ってしまいましたが、オンラインショップで新発売特価で販売中なので、よかったらオーロ・ヴェルデお味見してみてください。

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/terre-alte-toscano-igp-500.html

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/terre-alte-toscano-igp-250.html

🌼 3月はオレッキエッテ

3月のパスタ教室はオレッキエッテ。気がつけば明日から!でした。もうすぐ春ですね〜

昨日は長い間、教室に通ってくださっているお花のスペシャリストを講師に招いてのミモザリース教室をしました。日程の関係ですべてのみなさまにお声をかけられなかったのですが、かわいいリースができました。次回もぜひ、なんておっしゃってくださっているのでコトコトパスタお花部、またできたら嬉しいです。

ミモザのリースのあとは、食べる方!ミモザケーキを今年も作ります。明日のレッスン用にすでに出来上がって冷蔵庫でスタンバイ中!

明日からパスタの方は、プーリア州のオレッキエッテです。

イタリア語で耳という単語は単数形で「Orecchio/オレッキオ」、複数形で「Orecchie/オレッキエ」。

小さな耳という意味のオレッキエッテは、セモリナ粉と水をしっかりしっかりこね、ナイフで生地をひきずって、親指にかぶせて作ります。

今年は、どうしたら誰でも簡単に作りやすいか、そしてもっと美味しく作りたいという観点から私なりに試行錯誤した作り方で実践します。

春から小学生になる娘も、戦力になる!ほど、子供でも上手にお手伝いができる作り方をご紹介しますのでお楽しみに〜。

卵が入らないので毎日のパスタにぴったりのオレッキエッテは、トマトソースやラグーといった赤や茶色のソース、オイルベースのソースに相性がよいです。

かわいい、おいしい、毎日食べられるパスタを作りたいと思います!!!!

ご参加の皆様へ

平たいタッパーが3〜4つはあると良いです。数ができるので小さいと入らないかもしれません。ソースはこちらで用意した袋に入れます。よろしくお願いします!

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2019-03.html

🍳 4月パスタ教室:イタリアのイースター料理「パスクワの宴」と魚介と春野菜のペペロンチーノ風タリオリーニ!

4月パスタ教室のメニューと日程をアップしました!

mas2019-04

🥚 4月マンママスター:イタリアのイースター料理「パスクワの宴」
🇮🇹 Pranzo di Pasqua all’italiana

今年のイースターは4月21日。イースターの日は家族が集まり、復活祭を祝したメニューで昼食を楽しむのがイタリアスタイル。このレッスンでは、イースターをテーマにしたパスタ教室を開催します。燕の巣をイメージしたエミリア・ロマーニャ州のオーブン焼きパスタ「ニーディ・ディ・ロンディネ」、トスカーナでごちそうの日にかかせないアンティパストである「レバーペースト」を手作りします。また、イースターの定番である卵とほうれん草が入った「トルタ・パスクワリーナ」、表面のアーモンドシュガーが美味しいイースターのイタリア菓子「コロンバ」もご紹介します。日本にいながらイタリアのイースターを味わいにどうぞいらしてください!

★ カプリチョーザ風焼きパスタ「ニーディ・ディ・ロンディネ」
★ トスカーナの伝統レバーペースト「クロスティーニ」
★ 卵入りイースター塩タルト「トルタ・パスクワリーナ」
★ イースターのイタリア菓子「コロンバ」
★ イタリア産スパークリングワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:ニーディ・ディ・ロンディネのオーブン焼き

https://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2019-04.html

lab2019-04

🌶️ 4月パスタラボ:魚介と春野菜のペペロンチーノ風タリオリーニ
🇮🇹 Tagliolini ai frutti di mare e peperoncino

春の訪れとともに恋しくなるアサリ、春野菜たち。今回はこの季節ならではの魚介と春野菜を使ったペペロンチーノ風タリオリーニを作ります。作っておくと万能な自家製保存食「イタリアンパセリのハーブオイル」を使ってのどごしの良いロングパスタ「タリオリーニ」を一人ずつ実習します。このハーブオイルは、パスタに入れたり、ペペロンチーノソースに使うだけでなく、毎日の料理に加えると鮮やかで風味豊かに仕上がる万能素材です。パスタマシンの基本の使い方を復習しながら、ワンランク上の生パスタ作りを楽しみましょう。おつまみにもなる簡単で美味しいツナとなすのオーブン焼き、りんごと松の実の旨みがぎゅっと詰まった北イタリア・トレンティーノ州のりんごのストゥルーデルもご紹介します。

★ イタリアンパセリのハーブオイル入りタリオリーニ
★ 魚介と春野菜のペペロンチーノ風ソース
★ ツナとなすの「プリマベーラ」オーブン焼き
★ トレンティーノ風りんご菓子「ストゥルーデル」
★ イタリア産白ワイン、イタリア式エスプレッソ
★ 持帰り:タリオリーニ、魚介と春野菜のソース

https://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2019-04.html

募集は2019年03月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

https://www.kotokotopasta.com/class/

🌱 新発売:搾りたてIGP認定EXVオリーブオイル「TERRE ALTE DI TOSCANA」!

terre-alte-new-arrival

搾りたてIGP認定EXVオリーブオイル「TERRE ALTE DI TOSCANA」が新入荷しました。

今シーズン収穫の搾りたてでフレッシュなトスカーナ産新EXVオリーブオイルです。

私たち家族のルーツでもある南トスカーナのマレンマ地方が産地。この地域は、ローマ時代より昔からオリーブ栽培が盛んだった空気も大地もきれいでオリーブ界では歴史ある地域です。

収穫から搾油まで全てのプロセスがこの美しい大自然の丘で行われ、厳しい認証基準をクリアした商品にだけ貼付されるIGP認定およびTOSCANO認定されている信頼できるオリーブオイルです。

トスカーナのオリーブオイルは「オーロ・ヴェルデ(翡翠色)」と言われますが、新登場のオリーブオイルはトスカーナの大自然を連想するかのように美しいグリーンの色をしています。

辛みと甘みのバランスが良く、どんな料理にも合うので毎日使えるオリーブオイルです。

パンやイタリア料理の仕上げだけでなく、毎日の料理に加熱用としても使ってみると、揚げ物や炒め物がワンランク上の美味しさになり、私自身も驚いています。

ヘルシーで美味しい。

それを実現できるオリーブオイルです。

montepescali

新発売の「TERRE ALTE DI TOSCANA」EXVオリーブオイルの産地は南トスカーナにある「モンテペスカーリ」という小さな村です。
工場などがない農業のためだけにある大地は、緑豊かな丘が広がり、すぐ近くにはきれいな海もあり、空気も澄み渡っている美しい自然に囲まれており、まさに「自然界の天国」と言われる地域です。
生産地域は、豊かな南トスカーナの大自然が残るマレンマ地域の中にあります。

またサイズもどなたでも使いやすいようにと250ml・500ml・5Lの3タイプを取り揃えています。

新発売を記念して特価にてご提供しますのでこの機会にどうぞお味見ください!

https://www.kotokotopasta.com/shop/olio/terre-alte-toscano-igp-500.html