アーティチョークツアー!

carciofi

昨日、フィレンツェの義母からアーティチョークのオイル漬を作る季節になったよというメッセージとともに送られてきた写真。毎年それを聞くと、もう5月なんだと実感するのが我が家の習わしです。

いつも帰省する8月は、ちょうど漬かりはじめていい頃合いになるので義母が留守のすきを狙って夫と瓶ごとかかえて食べたこともあるほど、大好きな味。娘がおなかにいたときもどれだけこれに救われたことか。トマトソース以上に、我が家ではおふくろの味です。

義母によると5月のフィレンツェで手に入る小さなアーティチョークの蕾がオイル漬には最適なんだそうで、今年もしっかり保存食づくりをしたそうな。

何度か日本でも挑戦したのですが、5月のフィレンツェで味わえるアーティチョークとは別物の大きな蕾しか手に入らず、マンマの味には叶っていません。

義母が元気なうちに、もう一度料理を教えてもらいたい。とくにこのアーティチョークのオイル漬は、習いたいメニューのナンバーワンです。5月にフィレンツェにいるであろう娘に、これだけは見てくるように今からしつこく話しています。

「マンマはノンナ(=おばあちゃん)より料理上手じゃないよね〜。」と今朝、娘に言われました。「そうだよね〜昨日見た料理写真のセンスさえ、負けてるよね。」と私。

「先生には勝っちゃいけないんだよ。先生はいつも上、だからいい。ノンナには勝てなくていい!」とすかさず言う夫。彼はいつも私や娘たちを納得させる発言をし、家をまとめる大事な存在です。

と夫を持ち上げるのはさておき、一生勝てない義母からこのアーティチョークオイル漬を習いにフィレンツェへ行くツアーができたら素敵だなと思っています。

Vivi la tua vita!

くすり箱 気が付けば5月も下旬になり、イタリアへ渡る準備と気持ちが慌ただしくなってきた中で、ジェノヴェーゼペーストのリゾットのレッスンがスタートしました。パスタも好きだけど、リゾットも大好物な家族のため、余ったらいいなとしつこく言われています笑。バジルペーストのリゾットは、爽やかなバジルの匂いに包まれながら、作りがいのある美味しいひと皿に仕上げていきますでご参加くださる方はお楽しみに!

レッスン中、しつこーーく言わせてもらっている家での話をご紹介します(自分の記念に)。

日本にあってイタリアにないものって何?と夫に聞いたところ、「アナタだよ!」と即答してもらったのが嬉しくて(逆にイタリアだとマンマかなとも言っていましたが…)

レッスン中に「そのとき夫はなんて答えたと思いますか?」と聞くと皆さんが一生懸命考えてくださって、「サランラップ!」「虫除けスプレー!」「かつおぶし!」と。あまりに真剣に答えてくださるので、こちらが正解を言うのをためらうほどな日がありました。

それから毎日、同じ質問をしつこくしつこく!夫にしています。最近の答えは「サランラップとかつおぶしとアナタね。」と嫌味っぽく言われますが…何気にここ10年あまり、我が家の日々のくだらない話を、教室で聞いてくださる皆さまに支えられて過ごしているように思います。

いつもお付き合いありがとうございます!

最後に最近の我が家のブームを。

最近のブームは、映画おおかみこどもの雨と雪をイタリア語版で視聴すること。ちょうど10歳の子供が旅立つシーンがあり、自分たちと重なって見えるのです。娘とともに励まされているのが送り出すときのおかあさんのひと言。

「Vivi la tua vita!!!(=自分の人生を生きなさい)。」

こういう気持ちで強く送り出せますように。

 

ほえる犬はかまない

IMG_20170505_100636GWも終わり、日常に戻ってほっとしているのは私だけではないと思いますが、GW中にも関わらず6月パスタ教室のお申込みをたくさん頂き、ありがとうございました。若干ですがまだ5.6月と空席があります。ご興味のある方はどうぞよろしくお願い致します。

さてGW、久しぶりに夫も連れて実家のある愛知県に帰省しました。

イタリア留学を目前に控えた娘にとっては、GWを日本で過ごせる貴重な機会。はりきって外出した中で娘が一番喜んだのはいちご狩りでした。初体験ながら70個食べた!!と嬉しそうな姉に対し、なぜか青いいちごが美味しいと熟さぬいちごに夢中な次女の姿も印象的でした。

でも一番心に残ったのは、夫が放ったイタリアのことわざでした。実家の食事の席で父が「お前たち仲良くやってるの?」と聞いたときのこと。

「お義父さん、イタリアのことわざで吠える犬は噛まないって言います。口ではうるさくても腹のなかは大丈夫です!」

イタリア出発が近づいて、娘に対してだけでなく、寂しさや不安が夫婦間でも少なからずあったのですが一瞬でスーッとした気がし、私には心強いメッセージでした。

Can che abbaia non morde、しばらく私の中で繰り返し反芻するフレーズになりそうです。

🍳 6月パスタ教室の募集をスタートしました!

class2017-06

🍳 6月パスタ教室の募集をスタートしました!

① パスタコース:リガトーニの串焼きパスタ「スピエディーニ」

http://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2017-06.html

② パスタラボ:アマルフィ地方のバジル入りシャラティエッリ

http://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2017-06.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。

http://www.kotokotopasta.com/class/

🍳 6月パスタ教室:バジル入りシャラティエッリとリガトーニの串焼き!

6月パスタ教室のメニューと日程をアップしました!

lab2017-06

6月パスタラボ:アマルフィ地方のバジル入りシャラティエッリ
🇮🇹 Scialatielli di Amalfi al basilico

これから迎える初夏にむけ、夏の海辺で味わいたいパスタをテーマに開催します。アマルフィ海岸で有名な街発祥のもっちりした独特の食感の生パスタ「シャラティエッリ」に海の幸をたっぷり使った魚介のソースを作ります。夏のバジルの活用法としてバジル塩もご紹介します。

★ アマルフィ地方のバジル入りパスタ「シャラティエッリ」
★ 魚介のソース「フルッティ・ディ・マーレ」
★ 自家製バジル塩「サーレ・アル・バジリコ」
★ ロンバルディア州りんごの「トルタ・ズブリソローナ」
★ イタリア産白ワイン、イタリア式エスプレッソ

http://www.kotokotopasta.com/class/labo/lab2017-06.html

les2017-06

6月パスタコース:リガトーニの串焼きパスタ「スピエディーニ」
🇮🇹 Spiedini di rigatoni alla ricotta

冷めても美味しく、パーティーやお弁当に大活躍の串焼きパスタをテーマに開催します。今回は生パスタにトマトとチーズの詰め物をして串に刺し、オーブン焼きに仕上げます。持ち運びができる生パスタの新しい味わい方をご提案しますのでお楽しみに。

★ リガトーニの串焼き「スピエディーニ」
★ トマトとリコッタチーズの詰め物とベシャメルソース
★ ニョッキ生地で作るハムチーズのフォカッチャ
★ 自家製バナナのジェラート
★ イタリア産スパークリングワイン、イタリア式エスプレッソ

http://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2017-06.html

募集は2017年05月05日21:00時よりスタートします。

どうぞよろしくお願い致します。

http://www.kotokotopasta.com/class/

🍳 5月パスタ教室の募集をスタートしました!

class2017-05

🍳 5月パスタ教室の募集をスタートしました!

① パスタコース:シチリア州のロングフジッリ「ブジャーテ」

http://www.kotokotopasta.com/class/lesson/les2017-05.html

② マンママスター:ジェノヴェーゼペーストのバジルリゾット

http://www.kotokotopasta.com/class/master/mas2017-05.html

詳細と申し込みはパスタ教室のページをご覧下さい。

http://www.kotokotopasta.com/class/

搾りたてオーガニックEXVオリーブオイル新入荷!

franci-bio-500-1080x1080

今シーズンもトスカーナ産の新EXVオリーブオイルが入荷しました!

今回は従来の美味しいラインナップに加えて新しい商品も取り揃えています。
ワンランク上の高品質なEUオーガニック認定オリーブオイル「フランチ・ビオ」が使いやすいワインボトルのようなパッケージで新登場しました。
「フランチ・ビオ」は、パン作りや製菓用にもおすすめのデリケートなオーガニックオリーブオイルです。

またロングセラー商品であるミディアムタイプの「トスカーノ・IGP」は使いやすいサイズの500mlのボトルでプライスダウンして入荷しております。

フランチ社のオリーブオイルを愛用下さっている皆様、搾りたてオリーブオイルを楽しみたい皆様、この機会にどうぞご利用ください。

新オリーブオイルも20%OFFまでのお得なセットをご利用いただけますのでどうぞよろしくお願いします!

https://www.bottega055.com/product/franci-bio-500/