取材。。。

うれしいような、びびってしまうような、そういうお話をいくつか頂いております。
コトコトパスタの取材、ですって。

頂いたお話は、新聞や雑誌、ウェブサイト関連など。
まだまだ始まったばかりで小さな小さなパスタ工場なので
そんなご紹介できることも物理的に少ないのですが
気持ちだけは負けないつもりです。
小さな工場の大きな夢、です。

その中には女優さんによる取材、というのもあって迷いました
でも純粋に田舎者の私は女優さんにお会いしてみたい、という単純な理由でそのお話をお受けすることにしました。

私は先駆者でもなんでもないけれど、自分がこうしてやっていることを少しでも誰かに感じてもらえたらうれしい。
そんな気持ちでやっていけたらと思います。

積まれて行く箱

パスタをつめる箱、実は手作業でやっています。
今の時代、箱の印刷なんて業者さんにお願いしたら安く簡単に出来上がるのですがあえて手作業。
ケチをしているわけではなくハンコが押したいからという私の勝手な希望によるもの。
パスタを包む紙も手作業でハンコを押しています。
ひとつひとつ自分なりに心をこめた箱にしたいのです。
今は何もかもが便利な時代ですが、人の手作業が生み出す温かみだけは失ってはいかんと思うのです。

箱に詰める瞬間が私の一番うれしい時間です。
そのあとは無事に届くかどうかもう不安で不安でたまらなくなるのですが。

コトコト日和

だんだんコトコト生活に慣れてきました。

単純なことだが、はじめは早起きがつらかった。
でも今は慣れてきました。
朝、4時に起きて4時半には粉をさわっている幸せ。

パスタをこねていく時間。
袋につめる瞬間。
箱につめる瞬間。

すべてがうれしい。

そしていつでも思い出すのがイタリアでパスタを教えてくれた人たちの言葉。

仕事はいつでも楽しくなければならない。
嫌だなって思うことでも楽しくやるために歌いなさい!と。

その言葉を反芻させながらやっております。

疲れたと思える夜が毎日続くことを願って。